読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/3 太陽の下の話

ドラマを見ようと心がけて数日、白夜行も見終わりました!いやぁすごい、1日2~3話くらいのペースで進めてたのに、ラスト4話一気に見ちゃったよ…。

f:id:matoiridrops:20170403225242p:plain

話のつくりがものすごく上手いよねやっぱり。誰がどこでどのような役割を持って動いているかがとてつもなくしっかりしてるというか、子どもの頃の事件を隠すために次々と犯罪を起こす2人と、執念深く14年追うことで少しずつ真相に近づき、隠すために犯した事件がキッカケで芋づる式に明るみになっていく感覚がものすごく上手だった…。

 

登場キャラが全員繋がっていて、どういうことによって2人によって人生を変えられ、どういうことによって刑事に手を貸すようになったか、ものすごくキャラクターが生きてたよ。

例えば普通の作品だと「事件の真相を知るキッカケを作るためだけに出てくるキャラ」が平気でいるけど、その人にも主人公と同じだけの生きた時間があるんだよね。カメラに映ってない間は時間が止まってるわけじゃない。白夜行は度のキャラも「その間の時間」が見えて、だからこそ「その時間にどのようなことを考えていたか」がわかるし、その人の価値観が生まれるから、より行動の一つ一つに厚みが出てきた。

だからこそ関係のないと思ってたそれぞれのピースが繋がっていく驚きと、迫られる2人の焦りで手に汗握る展開の連続で、後半一気に見ないと絶対もったいないと思って見ちゃったよ。

 

でも青酸カリの毒殺が記憶と違うなぁと思って調べたら、結構原作と変えてるんだね。原作とドラマがごっちゃになってたよ。でもまぁあの人間関係はドラマだからこそ理解が出来た気がする!今から900ページくらいある小説読みたいとはさすがに思えないなぁ…。

完成度の高すぎる展開と人間関係は楽しかったし、東野圭吾やっぱり好きだなぁ。プライムで実写配信されてるのもっと見ようっと。

 

あと、アニメも始まったし進撃ちゃんと見なきゃなぁと漫画を読み始めました。読み始めたというか、読み返してるというか、実は王政編の途中で全然わからなくなって15巻までしか読んでないんだよね。16巻に至っては未だに未開封で本棚だし。

キチンと理解できて、続きが気になったら電子で買おう、踏ん切りつけたら諦めようと思ってるけど、やっぱり面白いから買っちゃうかもなー。今なら50%電子で還元されるから結論を早めに出したいぞ。