読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4/18 毎日書くと言っておきながらできなかったことの戒めの話

いやだって仕方ないんだもん!毎日5時に起きるというか起きなければいけなくなったから、つまり夜ははやく寝るわけよ。そりゃブログ夜に書いてるわけだからブログよりも睡眠を優先しちゃって…ってはいごめんなさい。

 

 まどマギを見た話をしようと思ったのに結局書けなかったりしたね。もう11時に見終わってブログ書くとかできない!寝るよ!

2017年に叛逆の話をするとは思わなかったよ。叛逆は2回劇場に見に行ったけど、Tジョイ博多だからつまり東京来る前だし、随分と前なんだよなぁ続編まだ?ねえ何年待たせるつもり?

 

何度この話をしたかわからないけど私はほむほむ擁護過激派です。「怖い」だの「ヤンデレ」だの「自分のために悪魔になった」だの言われてるけど本質は違う。そもそもほむまどって互いに自己犠牲の精神で生きてるからね。

ほむほむはまどかを救うために自分を犠牲にしてタイムリープの環に入って、まどかも全ての魔女とこのタイムリープの世界に囚われてたほむらを救うために自分を犠牲にして宇宙を作り変えて魔女を消したんだよね。互いに互いのことを救うために自分を殺すんですよ。

そして叛逆は「宇宙となってしまったまどかを救う」物語。あの世界はほむほむの魔女世界とかそういう話は置いておいて、まどかの手を掴んで一部をもぎ取った行為は宇宙となってしまったまどかを現世(?)に戻すことにあるからね。たとえ自分が悪魔になろうとも。

1巡目の世界で「救ってほしい」と言っていたまどかの発言は、まどかが宇宙になることが救うことになったとも思えないし、当のまどかは人を救っても自分は救われてないから。だからほむほむの行為はどうも「悪」とは思えない。自分で背負って消えてしまったまどかを救いたい、自分が背負ってでもまどかには現世で生きてほしいという願いの現れだと私は考えてますね。と、なんで2017年に言うのさ…。

 

だからとにかくマギレコが楽しみ!どこの話になるのかもわからないけど、叛逆のことも含めて話の展開作ってくれるよね?

でも最近思うのはこのスマヒョでマギレコが出来るかどうか…。双星の陰陽師の名前だけ借りたようなゲームもダウンロードできなかったし、android5.0以下では動作しないとかそろそろ平気でありそう。3DS無くしたからレディレイトンもスマヒョでやりたいけど、動作ちゃんとするかなぁ。

まあそうなったらタブレット買うけどね。そろそろほしいと思ってたし。何を買うかずっとネットで調べてるけど値段がものっすごい高いから簡単に決められないし、意外と機種が無いから年度が古くても大丈夫か不安だし、困る…。

今のところはベタだけど『Xperia Z4 Tablet SGP712』で考えてるんだけど

 

ソニー Xperia Z4 Tablet SGP712 ストレージ32GB ブラック

ソニー Xperia Z4 Tablet SGP712 ストレージ32GB ブラック

 

値段も高いしmicroSD使えるか書いてないし、家電量販店で聞かないとなぁ。中古7万なら妥協してしまいそうなあたり金銭感覚が狂ってきてますよ。

iOSでもいいかもしれないけど、SDカード使いたいんだよなぁ。電子書籍使ってると容量無限に欲しいし。もちろんクラウドで保存してれば問題ないんだけど、どうせなら全部端末保存したいやん…?

 

 

そして電子書籍で、響とテラモリを購入。

 今年のマンガ大賞を取った『響』、気になってたから買ったけどものすごい作品だね。

主人公の響が文才一つで周りから大人から社会から全てをぶち壊し変えていくその姿、清々しいようで危うくて、響によって違う世界を見せつけられた人々の動きも表せてて、もうすごいね。語彙力が死ぬ。

読んでいて思ったのは『BLUE GIANT』と似てるんだよね。小説、サックスの表現力1つで社会を変えていく姿は同じ。でも本質的に全然違う。

BLUE GIANTの大(主人公)は努力の天才だもん。日々の血もにじむような練習、『風の大地』の沖田のような素直さと頑固さ、そして向上心によって実力がメキメキとついていって躓きながらも成長していく。それに対して響はなにもしてない!むしろ問題作ってるのは彼女自身。類稀なる才能と、綺麗事ではない本音の正論によって周りの人を棘で刺しながらもひれ伏しさせていく…。やってることは似てても全くの逆。でもどっちもマンガ大賞でノミネート(響は大賞)されてるから今の流行りはこういう作品なのかな。

 

テラモリ 6 (裏少年サンデーコミックス)

テラモリ 6 (裏少年サンデーコミックス)

 

 テラモリはずっとマンガワンで読んでいたけどコミックは買ってなかったんだよね。買うつもりはあったんだけど本棚の都合とかで電子で買おうとずっと思ってたのよ。

やっぱり面白い!本当に面白い!仕事も恋もすごく面白く描かれていて、リアルにも寄り添っているから読みやすいしで。

少女マンガって無個性の女が急にイケメンに寄られてあわわわって感じの作品だらけ(偏見)なんだけどそれが苦手なんだよね。でもテラモリは高宮も平尾副店長もものすごい面白い魅力的なキャラとして描かれているから、どっち目線でも楽しめるしどうして惚れるかもわかるしで楽しい!

もちろん仕事に関してもスーツに対して真面目に書いているしバイトや本社や人事異動や昇進や就活やキレイなところから汚いところまで結構描かれていて単純に高宮の仕事ドラマとしても面白いしで1冊で2度おいしい!

ちなみにキャラ名は福岡の駅名から取ってるらしいけど、移動は基本バスだったし天神からほとんど出ないしで全然ピンとこない…。薬院と西新くらいならわかるんだけどね。後わかる駅と言ったらは貝塚とか大濠とか桜坂とか赤坂くらいかなぁ…ここら辺なら名前にもしやすい?

 

 

ところであげくの果てのカノンはいつになったらhontoで配信されるんだろう…。もしかして気づかなかったけどhontoはビッグコミック系の発売日すこぶる遅い…?響6巻も実は読めてないし気になってるんですけど!どうやらkindleだと発売が速いみたいだからもういっそのことキンドルで買っちゃおうかな…。kindleで買って、発売日が来たらhontoでも買うっていう2重に金がかかる作戦。何してんだろうねって気持ちに襲われそうだけど、読めない日数を数百円で買えるなら安いもんよ!

 

オタクは変なところで散財しやすいからホント厄介(お後がよろしいようで)