5/22 夜明け告げた話と伸びすぎた話

夜明け告げるルーのうた、楽しみにしてた作品なのでもちろん観に行きました。まあ観に行ったのは土曜なんですが。

湯浅監督の独特かつ引き込まれる作風が全開でしたね…。光るような海の表現に四角い水、溶けるようなめらかな人間の動きに犬やサメの躍動感。特に後半は電子ドラッグでしたよ。

それに軽快な音楽と映像のセッションがものすごく気持ちいい!見たら1秒で私の言ってること理解できるけど、跳ねるような音と湯浅節な絵がマッチしててそれだけで楽しいよ。絵だけで楽しいと思わせれるのは強みだよなぁ。

 

それにしても人魚モノかと思ったらヴァンパイアものだったよ。こればかりは見ないと説明できないけど、めっちゃヴァンパイア!

シナリオ自体は凡百ではあったけどね。人間と人魚の出会いとそれに触発され成長されていく主人公のカイくん。そして人魚バレからの魔女裁判。果たしてどうなる!?といった感じで。

それにしてもエゴで動く人間と、純粋なルーの比較がキツくて途中見るの辛かったなぁと。特に遊歩がかなりアレで、主人公のカイくん以外信じられなかったよ…。

 

でもこれは見てよかった!でもきもちよく終わったのにシアターから出たら「この映画の満足度は何点ですか?」とアンケート取る人がいて嫌だったなぁ余韻が台無し。あんまり点数とかつけたくないんだよね、私は優劣をつけたり研究したいわけでなく、ただ単に楽しみたいだけで映画見てるから。

 

 

 

 

 そして話は一気に変わるけど、前に書いた進撃の軌跡の話がめっちゃくちゃ伸びていました。

f:id:matoiridrops:20170522224407p:plain

こんなにもたくさんの人に見ていただけて本当に…

ありがたくねぇよ!!いい迷惑だよ!!

いきなり増えられるから心労でした…。これからグダグダと精神崩壊して自滅した話を書きます。

 

 

別に批判されたりしたわけでもなく、むしろRT先を見に行ったら好意的な印象のツイートが多かったんだけど、それでも一気にPV数増えると怖いものだね。

こんな感情丸出しのツイッターの延長みたいな駄文を読ませていいのかと。もちろん書いて世に出してる以上は私の中で100点の文章を書いてるつもりではいます。でも現行の自分に満足しているわけではないので、この程度の文で伸びられても…と。

 

ただ単にPV数が増えるだけでこんなにも精神疲労するなんて予想外でした。ネットの恐怖です。ただただアクセス数が増える。喜ばしいことなのかもしれないけど、その「無数の目」が無言のプレッシャーを与えてきてる感じがして。

最初は伸びて楽しかったけど、段々と手に負えない感じが強まって、こんな文を読ませてしまって申し訳ないって気持ちと感情的かつ稚拙な文だという自己嫌悪からどんどん負のスパイラルに陥って自滅という何とも弱々しい結末。

 

f:id:matoiridrops:20170522224529p:plain

「心臓を捧げよ」で検索したら2ページ目にでるんですよこのクソブログが。しかも天下のピクシブ大百科様の次に。もう怖すぎる。なんでこんなことになってるのさ。

 

このブログは元々自己満足で始めました。どうせ読むにしても数少ないフォロワーだけでしょと思って書いているので、フォロワー以外に読ませるつもりはありませんでした。進撃の軌跡の記事もどうせひのむさんしか読まんしょと思って晒し上げにしましたメンゴ。

まあ本当に自己満足だったり読ませたくなかったりしたら、ツイッターを鍵垢にして情報を出さなくしたり、そもそもブログを非公開にすればいいのに、それでも公開してるのは多少はやましい気持ちがあるんだよね。あわよくば色々な人に読んでもらいたいと。「いやいや別に自己満足だしー?」と外に壁つくって自分を守ってる小さい人物なんですよ。

でもいざ伸びてみると、やっぱり嬉しい気持ちなんて微塵もないし迷惑しかない…。朝起きて通知が来てるだけで白目剥くわけで。 

ツイートもブログも消去しようと思ったけど、「買って聴いてから読む!」と言った人もいる以上きちんと責任を持たなければいけないから消しません…。私を縛り付ける最高の言葉だよコレ…。地獄かよ。

 

まあ本当はこんなこと書くととっても浅い人間に見えてしまうから、「ツイート伸びてる?知らねぇよ。勝手にしとけ」みたいな態度を取りたい、というか取ってたんだけど、さすがに限界でした。吐き出させて!!吐き出すためのブログなんだから許して!!こんなこと考えてるって時点で十分浅ましいんだけど、それが私なので。

今回の件でもう少し自分について考えようと思いました…。たったこの程度でこのざまだから、炎上なんてしようもんなら死ぬよ!?絶対に生きていけないよ!!心が小さいことを受け入れつつ、慎ましく生きましょうね。