6/27 信じる心が田舎で箱入りラブデスター

 毎週楽しみにしてたリトルウィッチアカデミアも最終回を迎えてしまった…。本当に面白かったよ!まあ終わったのは日曜なのですが

せっかくの最終回ということで土曜日曜に一気に見返しました。やっぱり何度見てもあの勢いは衰えないし、すっごくスピーディーでパワフルで面白いなぁ…。2クールを全速力で駆け抜けて、一気に見れたよ。

 

ホント、キャラがみんな魅力的なんだよね。特にアッコがすごい!アッコの周りを巻き込むパワフルさなんて一歩間違えれば電波だのウザいだののようなキャラになってしまうんだけど、箒レースでのゴリ押しだったり金魚先生の救出だったり文化祭の生贄ショーだったり、無茶なこと言っても絶対になんとかしちゃうパワフルさが本当に一途でカッコよくて可笑しくて魅力的で、さすが主人公!なんだよね

どこかの香澄さんなんて「キラキラが好き!」と電波発言をしたり不法侵入したり泥棒したりと酷かったからね…。

 スーシィもロッテもダイアナも、アマンダたちもみんな可愛くて、2クールの間に色々な顔が見れて最高でした!アーシュラ先生とクロアだったり、言の葉だったり、特に最終回は本当にこれLWAか!?と言いたくなるようなアクションだったりぶっ飛び具合だったり、見どころがありすぎて

なんで4クールじゃないの!!!

あーもうなんで夕方4クールアニメじゃないんだ…。まあこの件に関してはかなり初期からトリガー側も「ホントは夕方枠が良かったけど金の問題とかで無理だった」って言ってたから仕方ないんだけど、あんなに面白い作品…子供にこそ見てほしかった…。

こんなにもどっきどきーのわっくわくーな作品だもん。深夜アニメで消化するにはもったいなかったなぁ。実際もっと尺があれば楽しい学園生活ももっと見れただろうし、言の葉集めも話数バラけさせれたし、キャラの関係性も掘り下げれたのに…。

 

個人的には2期は期待していません。面白いしもっとあの世界を見たいけど、話としてはあそこで一区切りだからね。トリガーによくある「2期なんて作る気ないぞ!!」と言わんばかりの全力投球だったし、ヘタに続くと蛇足になりそう…。まあ始まれば始まればで楽しいんだろうけど、どうせならトリガーには2期ではなくどんどん新しいアニメを作ってほしいよ。

ということで今から世界改変魔法を使ってリトルウィッチアカデミアが夕方4クールの世界線に行ってきます。7つの言の葉集めなきゃ

 

 

 

 

ちなみにリトルウィッチアカデミアを見ながらばらかもん読んでました。15巻読むために電子で全巻買い直したので、どうせなら振り返ろうと。いやぁ、何度読んでも面白い!そしてマンガとしてのクオリティーが高すぎる…。

ばらかもん、すごい作品なんだよね。面白さはもちろんなんだけど、コマ割りや視線誘導、そして1話を通してのネタの配置や笑いの質、1巻を通しての笑いとしんみりの割合や各巻のテーマがしっかりしてたりと、すべての見本のような作品なんだよね。ホント、そういうところで面白さを100%受け止めれるように作ってくれるからすごすぎる。

なるちゃん可愛いなぁ…。子どもの破天荒さや無邪気さがきちんと2次元に落としつつもリアルさも持っていて、半田先生への愛がすっごく伝わってきて愛おしくて、もうこういうの弱いから泣いちゃうんですよ…。半田先生もすっごく不安定だけど図太くてヘタレドジだけど勇気を持っていて、そういう魅力があるからこそ書展での『石垣』や、書道教室を開きたいと言った時にもう、弱いんですよそういうの。

 

 

箱入りドロップス 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

箱入りドロップス 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

 

そして箱入りドロップスも新刊に向けて読みました。私のハンドルネーム「まと入りドロップス」はこの作品を文字って作ったわけだし、本当に大好きな作品なんですよ。

ギャグとラブコメが混在してる感じがすごく好きで、まさにこの作品のバランスがすごく好きなんですよ。雫ちゃんたちのまんがタイムきららって感じの可愛さはもちろん、春日井が恋愛関係で頭がハローハッピーワールドになったり相ノ木とバカやったり本当に楽しかったです。

 残念ながらホモ畑出身なので残念ながら芳文社まんがタイムきららという萌え雑誌なのに残念ながら春日井と相ノ木が大好きです。もちろん雫ちゃんも大好きだけど!

でも、最終巻が今日発売なのに、電子版は2週間後なんですよ!待てない…無理…発売日一緒だと思ってたら、迫害を受けた…

 

 

 そしてラブデスター。なんと今全話無料だったんだね。毎日ジャンププラス開いてるのにギリギリまで気づかなかった…。榊さんのマンガは以前のエニグマも読んでたから読みたかったんだけど機会が無かったんだよね。

いやぁ、今まで読んでなかったんだけど、これ面白いね!設定がぶっ飛んでるんだけど、その世界でよくもまああんなに話を組み立てられるなと改めて漫画家の凄さを知ったよ。

世界観やメイン3人の推移結末、きちんとクライマックスを考えて書いてるなーというのはわかるんだけど、それ以外は基本的にその場その場だよね。だからこその勢いや雑さがあって、そのキレイな部分と雑な部分がすごい勢いを作りだしてるんだよね。

モブそれぞれにも考えがあるんだろうけど、完全に「貴様等は主人公のために働け!そして死ね!!」という具合に狂って死んでいって、あそこまで開き直られるともはやギャグだよ!ヘタにリアルにするよりも扱いやすいしジャンプマンガならこのくらいの軽さが良いよね。

しかもそれぞれのシリーズで出てくるヒールキャラがどう見てもゲームクリアする気無い感じが笑えて、キープとか言ってる時点で勝てないのに気づけよ!!ってスタンスだからこそミクニを追いつめることが出来てる感じがホント雑でギャグでだからこそ面白いんだよなぁ。そのギャグセンスはうすたさんに学んだのか!?でもうすたさんあんな面白くないし

頑張れば全員がデスゲームから抜けられるって状況が設定の時点で面白いし、モブをバンバン殺していくのが楽しいし、ジウくんが不憫すぎて悲しくなっていくのが1周して面白いし、すごい作品だなぁ。結局ジウくんがどうなるのか…最終章が楽しみで仕方ない頑張って姐切さん!!!!