3/27 殿堂入り!


f:id:matoiridrops:20180327234847j:image

草統一エメラルド、殿堂入りしました!やったね。

それにしても、大変だった…。前回の記事で草統一のめんどくささはある程度書いたけど、上手く戦略考えたらかなりキレイに回るようになった!でもその分みんなで戦ってる感じがしてパーティーに愛着が湧くね。昨日四天王に一度挑んで負けて、今日一日ずっと努力値振って鍛えてからの再戦だから、なんというか、熱かった!

 

ということでパーティー紹介

 ジュカイン(Lv.48 れいせい)

リーフブレード/いやなおと/じしん/つばめがえし
f:id:matoiridrops:20180327235624j:image

 我がパーティーのエース。いやぁそれにしても安定して強かった。種族値も高いので特に旅においてはものすごく使いやすかった…さすが御三家。といいつつも、まあリーフブレードを覚えたことで安定したけど、それまではメインウエポンがすいとるだったからものすごく低威力…。まあ後述するメンバーもみんながみんな火力無いから、高いCから出るタイプ一致すいとるですら貴重だったという。

四天王戦では主にパワー担当。レベルも縛ってたしパーティーが軒並みパワーみが薄いので、「フツーに強い」のフツーが大事だった!リーフブレードで安定して4割を削れるってのは最後のフィニッシャーとしてかなり有効に動いてくれましたね。まあ性格がれいせいなので鈍足だし、レベル差が大きいので基本後攻だったから、1撃すら加えることなく倒れることもしばしば。努力値をCS振りしたからある程度は使えるようになったけどね。

 

キノガッサ(Lv47 ゆうかん)

スカイアッパー/ビルドアップ/マッハパンチ/しびれごな
f:id:matoiridrops:20180328001004j:image

 第3世代の推しポケモン、我らがガッサ先輩!縛りがなかったら基本的にガッサとペリッパーを旅ではいつも使ってます。ジュカインと攻撃面でダブルエースを組んでました。草攻撃はジュカインが全部担当するので、格闘オンリー構成。旅においてはスカイアッパー連打でぽいぽい進むから楽チン。ストレス無しよ。

んんwwwwwww努力値を主にHA振りという役割論理ヤノガッサですぞwwwwwwwwwって感じのアタッカーだけど、S振らなかったのは性格と相まって後攻しか取れないからという…。おまけに耐久が紙だから四天王戦では特に後半はやることなかったのが悔やまれるとこ。ビルドアップを積んでも即オジャンだから、まともに活躍できたのは四天王の最初だけっていう。

ちなみに今更だけど、厳選はしてません。してたら性格くらい選ぶから!!パワー型がどっちも遅いんだもんきっついわ!!

 

ルンパッパ(Lv48 すなお)

なみのり/なきごえ/れいとうビーム/かげぶんしん
f:id:matoiridrops:20180328002017j:image

旅においては、キモリキノココハスボーの3匹が前半のメンバーだったので、この3匹は特に思い入れが深いね。耐久型としてかなりの活躍をしてくれました。草統一、弱点がものすごく多いので特に火に対する壁として役に立ってくれました!HD振りしたこともあってDがお化けなので、全然効かない!ちなみにとくせいはあめうけざら

すいすいだったら先手も取れただろうに意外と攻撃としては使いにくかったwそれにせいちょうなどのパワーアップ技が無かったので、ゲンジ戦では4倍冷ビですら半分くらいしか削れないという体たらく。積み起点作ってかげぶんしんで逃げるというあまり好きじゃない戦法を頼るしかなかったんだよなぁ。基本的に運に頼る戦法は嫌いなのです。でもそんな冷ビでも無ければ突破できなかったので、縁の下の力持ち的な?ポジションでした。

 

ユレイドル(Lv47 まじめ)

がんせきふうじ/ドわすれ/どくどく/ねむる

f:id:matoiridrops:20180328002026j:plain

我がチームの裏エース。ユレイドルさんは過労死するレベルで大活躍したので、彼には頭があがりません!!何の考えもなしに草統一を始めたけど、ユレイドルさんがいなければ絶対に突破できなかった。もちろん耐久型。ルンパッパと2人で修二と彰地元じゃ負け知らず!弱点も少ないうえに耐久力がBDどちらも優れているので、積みの拠点作りに毎回使ってました。

ドわすれでダメージを抑え、どくどくで攻める。四天王は後半みんな冷ビ使うのが前提なので、弱点の氷も効かなくなるのは本当に頼もしかった!そして唯一の攻撃技であるがんせきふうじも、主に相手のすばやさを下げるのに使用。1回でも当てればジュカインが先手取れるようになるのでフィニッシャーのサポートまで完璧という隙のない構成。どくどく戦法と素早さ下げで確実に2体は落とせるという破格の強さ!

 

ノクタス(Lv.47 しんちょう)

ニードルアーム/わたほうし/だましうち/やどりぎのタネ

f:id:matoiridrops:20180328002021j:plain

もともと草統一を始めたきっかけってサボネアノクタスなんですよね。アニポケでコジロウのサボネアが可愛くて…。あとハーリーさんが大好きだったのでノクタスも好きに。ノクタスを使って旅したい!じゃあ草統一で!という流れで始めたのですが、どうしてこうなった…。

それにしても、かなり使いにくかった。主にB振りでこの耐久。やどりぎ要因にするはずが、基本1確なので放つ前に死ぬという体たらく!!まあ最難関だったチルタリスにやどりぎ打てたから良しよしましょう。活躍させたかったのに死に出し要因としてしか使えなかったのが悔しいなぁ。

 

トロピウス(Lv.48 さみしがり)

ソーラービーム/せいちょう/にほんばれ/こうごうせい

f:id:matoiridrops:20180328002039j:plain

最後にパーティーに入ったメンバー。最初は使いにくいなぁと思ってはいたものの、戦略を確立させてからは化けましたね…。というか強すぎてバランスブレイカーだった…。

四天王戦での主な戦術としては、ユレイドルが相手のPP枯渇→ルンパッパがなきごえでわるあがきのダメージ軽減→トロピウスのせいちょう6積みしてにほんばれ→ようりょくそで素早さ2倍+ソーラービーム溜め無し発射。これがまあ強すぎて、ミクリ戦がまさかの6タテ!!ミクリ戦、色々と戦略考えてたのにまさかの顛末にむしろ達成感が無かったという。つらい。

もともとはノクタスと同じで使い道のわからない感じになってたのでテキトーに防御に振ってたけど、C振りしとけば更にヤバイ動きしてたのかもと思うと…。

 

 

ということで6体でした。アタッカー2体と、壁2体と、最終兵器1体と、よくわからないの1体というバランスの良い(?)パーティーになったよね。ノクタス接待プレイのはずが…なぜこんなことに…。

パーティー自体は最初から決めてました。第三世代の草は進化系除くと7体。ノクタスは採用決定なのでタイプが被るダーテングは解雇という形に。今思うとダーテングの方が絶対に回しやすかったと思うけどこれは草統一という名のノクタス接待プレイなので。ね。まあ最終的にノクタスはベンチ温め係だったけども。

縛り内容としては主にネオアルティメットノンケと同じ(こちらのレベルは相手の最低レベル以下、戦闘中のアイテム禁止、6匹の力を合わせて勝つ)でやったので、意外と楽しい難易度でした。まあアイテム縛ってなかったらテキトーな戦い方でも簡単に勝てたよ。かいふくのくすりとかPP無限で、必ず先手で、凍ってても寝てても使える、技を圧迫しない、次のターン動けるねむるだからね!?ユレイドルさんがドわすれ6積みして眠っても、2ターンの間に急所にあたろうものなら死ぬことも多々あったのでやっぱりアイテムのチートみが強すぎると痛感したよ。金銀で水縛りしたときはガンガンアイテム使ってたからね。そりゃもう動きも酷いものだったよ!?

まあまあストイックな縛りも意外と楽しめたのでまたやりたい感じ…。次は何にしようかな?草統一もっと突き詰めたらレベル40くらいでも突破できるかな?今回の46は最低ギリギリラインだったけど、きちんと鍛えたらラクだったわけだしもっかい1から練り直して、ノクタスを活かせる環境を作りたいかも。

とはいっても、壁も張れなきゃ、積み技もトロピウスしか持ってない、この絶望的すぎる環境でこれ以上どうしろと!?せめてジュカインとルンパッパがせいちょう覚えてくれたら違ったのに…。(ノクタスはせいちょう覚えるけど素早さが足りないので無駄という悲しい現実)