9/18 顔が良くて治安の悪い女の映画

昨日お久々にお酒を飲んで死んだけど、朝起きたら元気だったので映画を観てきました!いっぱいみたいのがあったので一気に全部3本とも。

いやぁ疲れました!今これ書いてるのは映画見終わった帰りの電車の中だけど、さすがに3本はつかれるなぁ。しかも時間的にほぼノンストップ。劇場と劇場をものすごい速度で切り替えながら(時に間に合わなかったりしながら)見たので疲れがすごい!でも幸せ!

 

見た順に感想書いて行きます。上から『響』『累』『プー』なので、見たくないところは飛ばしてOK!ネタバレは、面白さが損なわれない程度にはするかもしれないので、注意してね。

 

 

響-HIBIKI-

我らが偉大なる月川翔監督の新作!響は原作も読んでいるし、監督は君の膵臓をたべたいの月川監督だし、主演は平手友梨奈さんだしと完全に私のためのフォーメーション。

f:id:matoiridrops:20180918225901p:plain

蹴る!殴る!投げる!最高!!!

いやぁ、すごかった!面白かった!いや、面白かったのか…?とにかくロックでファックな感じに仕上がってました。とな怪のときも思ったけど、月川監督の原作の切り抜き方がものすごく尖っていて、「ここを見せたい!!」というシーンを見せるためだけに作られてるというか、原作をなぞるというよりも原作の魅力の1つを限界突破させる(そのため他は犠牲にする)ところがあるので、ただひたすらに響の異常性…というか一貫性を見せつけられました。強い!

まあそのため好きなシーンが無くなってたり、涼太郎がただの幼馴染モブだったり、そもそも出てない主要キャラがいたりしたけど仕方ないよね!でも小指握手とかしてほしかったなぁミニイベントもっと重要に扱ってほしかったなぁ。やっぱりキャラも構成も違うと原作と感じ方が結構違うから、ただでさえ原作は人を選ぶクレイジーさなのに、更にここでも人を選びそう。

 

f:id:matoiridrops:20180918230603p:plain

主題歌がてちだったりスーパーバイザーみたいな位置で秋元の名前書いてあるの見えたので、まあ作品を利用した欅宣伝みたいな売り方。そういう意味で選ばれた平手さんだけど、演技かなり良かったですね!響のヤバさが完全に出てました。全体的に淡々としてるけど感情を出すときは怒りも喜びも自然に出てて、やるやん!!正直いや平手さん大好きだけど大丈夫?みたいに考えてたから安心しました。もっとてちの演技見たい!

そして何よりすごかったのが北川景子さんの演技…めちゃくちゃすごかった。化粧の効果もあるけど、普段のちょっと気の強い女的な感じを出しながら別方向の明るさまで表現できてて芋っぽさもあって、求めてた「ふみ」がそこにいましたね…。えっ本当に北川景子!?って劇場内で驚いちゃった。

テンポ重視だったのでもっと長い時間で見たかったなぁ…!!でも満足です!

 

 

■累ーかさねー

累は原作読んでないんですよー。なんだか入るタイミングを見逃してしまって…。女と女のドロドロバトルってのは聞いてたけど、え?それなのに口紅とかいうファンタジー要素入れちゃうの?大丈夫?みたいに思ってたんですけど、実際見てみるとめちゃくちゃ面白かったです…。

f:id:matoiridrops:20180918231606p:plain

もう本当に最高でした!累のシンデレラストーリーであり、ニナの人生を乗っ取っていく2人の感情のズレ、そしてこの設定を再現する女優さんの演技力、もうどれをとっても最高…。百合。

累のバックボーンがめちゃくちゃ重くて、いじめのシーンとかスクールカースト上位特有の下の者を人間とすら思っていない感じとか見ててめちゃくちゃつらかったですね。そして口に大きな傷もあればそりゃ塞ぎこみますって。なんだかんだ最後まで見ても累は救われたのかどうかわからないこの感じも後味悪くて好きです。

まあでも映画だから仕方ないけど役者さんがめちゃくちゃ顔整っているので累が全然ブスじゃない!というか傷含めても美人。いやその傷ファンデで隠せば人並みには過ごせるよ!!!!!でも心の傷は隠せませんからね、仕方ないね。

 

f:id:matoiridrops:20180918232935p:plain

それにしても後半の、土屋太鳳さんの圧倒的演技、圧巻でした。ここのシーンかっこよすぎる…。土屋太鳳のオンナになってまう。顔の価値、女優の価値、色々なものが渦巻いていて非常に治安の悪い映画でしたね!原作も読まなきゃ。

ところでニナの倒れる設定は公式なのかな?かなーり唐突だったのでびっくりしたなぁ。まあそれで一気にお話が進んだから問題ないんだけどね!原作だとその間にもいろいろとドラマがあったのかなぁ。

 

f:id:matoiridrops:20180921161839p:plain

カッコ良すぎるのでこれだけで見る価値あり…。(役は最悪だけど)

 

 

プーと大人になった僕

プーは字幕で見ました。というか時間的に字幕しかなかったんだよねぇ本当は吹き替えで見たかったんだけど。こちら累で大ダメージ受けたあとにノンストップで見たので脳を切り替えるのが大変だったよ!でものほほんとしたプーを見て疲れが安らぎました…。

 

f:id:matoiridrops:20180921162735p:plain

ツイッター「仕事で精神が死んでる人こそ見るべき」みたいなこと言ってたけど本当にそうです。上司からは仕事を押し付けられ、上の立場で責任を持ち、家族と過ごす時間すら忘れてしまうクリストファーロビン、まさに現代社会の社畜…。

奥さんにはもう何年も笑っている姿を見ていないと言われ、娘には自分のことばっか圧しつけてろくにコミュニケーションを取ろうとしない(取ろうとしてるけど、話を聞かないので取れてない)姿はなんかもううわぁどこにでもあるよなぁ・・・といった感じの父親像、うわぁ。序盤から重い、社会が怖い。

まあ私は父親いないので全然わからないけどHAHAHA!!

 

f:id:matoiridrops:20180921164051p:plain

話としてはタイトルの通り、社畜となったクリストファーロビンと子どもの時から変わらないプーのコミュニケーションがメインとなるんですが、なんかもうすれ違いがつらい!立場とか、仕事とか、大人だからとぷーとのズレが見てて悲しいし、プーがミスするたびに苛々してしまうクリストファーロビン…仕方ないけど、やっぱ、世界は残酷だ。でもだからこそ、クリストファーロビンが変わっていく姿がすごく良かったなぁ。いい話だなぁ(ネタバレ)

 

というか、なんとなくピーターラビットと構成が大体同じ!洋画って全部そんな感じなのかな?