読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5/22 夜明け告げた話と伸びすぎた話

夜明け告げるルーのうた、楽しみにしてた作品なのでもちろん観に行きました。まあ観に行ったのは土曜なんですが。

湯浅監督の独特かつ引き込まれる作風が全開でしたね…。光るような海の表現に四角い水、溶けるようなめらかな人間の動きに犬やサメの躍動感。特に後半は電子ドラッグでしたよ。

それに軽快な音楽と映像のセッションがものすごく気持ちいい!見たら1秒で私の言ってること理解できるけど、跳ねるような音と湯浅節な絵がマッチしててそれだけで楽しいよ。絵だけで楽しいと思わせれるのは強みだよなぁ。

 

それにしても人魚モノかと思ったらヴァンパイアものだったよ。こればかりは見ないと説明できないけど、めっちゃヴァンパイア!

シナリオ自体は凡百ではあったけどね。人間と人魚の出会いとそれに触発され成長されていく主人公のカイくん。そして人魚バレからの魔女裁判。果たしてどうなる!?といった感じで。

それにしてもエゴで動く人間と、純粋なルーの比較がキツくて途中見るの辛かったなぁと。特に遊歩がかなりアレで、主人公のカイくん以外信じられなかったよ…。

 

でもこれは見てよかった!でもきもちよく終わったのにシアターから出たら「この映画の満足度は何点ですか?」とアンケート取る人がいて嫌だったなぁ余韻が台無し。あんまり点数とかつけたくないんだよね、私は優劣をつけたり研究したいわけでなく、ただ単に楽しみたいだけで映画見てるから。

 

 

 

 

 そして話は一気に変わるけど、前に書いた進撃の軌跡の話がめっちゃくちゃ伸びていました。

f:id:matoiridrops:20170522224407p:plain

こんなにもたくさんの人に見ていただけて本当に…

ありがたくねぇよ!!いい迷惑だよ!!

いきなり増えられるから心労でした…。これからグダグダと精神崩壊して自滅した話を書きます。

 

 

別に批判されたりしたわけでもなく、むしろRT先を見に行ったら好意的な印象のツイートが多かったんだけど、それでも一気にPV数増えると怖いものだね。

こんな感情丸出しのツイッターの延長みたいな駄文を読ませていいのかと。もちろん書いて世に出してる以上は私の中で100点の文章を書いてるつもりではいます。でも現行の自分に満足しているわけではないので、この程度の文で伸びられても…と。

 

ただ単にPV数が増えるだけでこんなにも精神疲労するなんて予想外でした。ネットの恐怖です。ただただアクセス数が増える。喜ばしいことなのかもしれないけど、その「無数の目」が無言のプレッシャーを与えてきてる感じがして。

最初は伸びて楽しかったけど、段々と手に負えない感じが強まって、こんな文を読ませてしまって申し訳ないって気持ちと感情的かつ稚拙な文だという自己嫌悪からどんどん負のスパイラルに陥って自滅という何とも弱々しい結末。

 

f:id:matoiridrops:20170522224529p:plain

「心臓を捧げよ」で検索したら2ページ目にでるんですよこのクソブログが。しかも天下のピクシブ大百科様の次に。もう怖すぎる。なんでこんなことになってるのさ。

 

このブログは元々自己満足で始めました。どうせ読むにしても数少ないフォロワーだけでしょと思って書いているので、フォロワー以外に読ませるつもりはありませんでした。進撃の軌跡の記事もどうせひのむさんしか読まんしょと思って晒し上げにしましたメンゴ。

まあ本当に自己満足だったり読ませたくなかったりしたら、ツイッターを鍵垢にして情報を出さなくしたり、そもそもブログを非公開にすればいいのに、それでも公開してるのは多少はやましい気持ちがあるんだよね。あわよくば色々な人に読んでもらいたいと。「いやいや別に自己満足だしー?」と外に壁つくって自分を守ってる小さい人物なんですよ。

でもいざ伸びてみると、やっぱり嬉しい気持ちなんて微塵もないし迷惑しかない…。朝起きて通知が来てるだけで白目剥くわけで。 

ツイートもブログも消去しようと思ったけど、「買って聴いてから読む!」と言った人もいる以上きちんと責任を持たなければいけないから消しません…。私を縛り付ける最高の言葉だよコレ…。地獄かよ。

 

まあ本当はこんなこと書くととっても浅い人間に見えてしまうから、「ツイート伸びてる?知らねぇよ。勝手にしとけ」みたいな態度を取りたい、というか取ってたんだけど、さすがに限界でした。吐き出させて!!吐き出すためのブログなんだから許して!!こんなこと考えてるって時点で十分浅ましいんだけど、それが私なので。

今回の件でもう少し自分について考えようと思いました…。たったこの程度でこのざまだから、炎上なんてしようもんなら死ぬよ!?絶対に生きていけないよ!!心が小さいことを受け入れつつ、慎ましく生きましょうね。

 

5/18 ベストウイッシュ!良い旅を!

 

ベストウイッシュ142話+特別編2話見終わりました~!

序盤からこういうこと言うのも悪いんだけど、BWって見る前の評判が良くなかったんだよね。サトシリセットが起きてたり、タケシ解雇だったり、アイリスだったり、ロケット団のシリアス化だったりと色々な変化があったからね。

でも見てみると全然そんなことない!ストレス無く見れてましたよ。失ったものも多かったけど、新しい要素がどれも楽しくて満足です!

 

ちなみにDP見終わったのが5月3日、この翌日から見始めたから2週間で見終わったよ。

・・・2週間!?

14日ってことは、全144話だから1日10話か…。たしかに夜ずっと見てたし朝起きてみてたしだけど、あまりにも超スピードなのでは…?

 

 

ロケット団のシリアス化、個人的には楽しかったです。今までのロケット団は確かに好きだし、傲慢でワガママなムサシや、なんだかんだで愛のあるコジロウ、芯がしっかりしてるニャースと3人とも敵ながら可愛く愉快だったのが消去されてしまったわけなんだけど、その分サトシたちが強調されたんだよね。

今までの流れだとどんな展開だろうとロケット団ピカチュウを奪うから、それが内容によっては縛りになってたんだよね。起承転結の転が絶対ロケット団になるから問題が起きる→その隙にピカチュウ強奪→問題を起こしてたポケモン(人)が一致団結→取り返す→なんやかんやで問題解決といった感じでロケット団が絶対に絡んでくるのが、今回は無い。

だからこそポケモンたちがサトシにアシストされながらきちんと解決する姿が丁寧に表現されてるんだよね。喧嘩してたらきちんと向き合って解決するし、問題が起きる→サトシたちが仲介→解決するといった感じで流れが綺麗なんだよね。ロケット団いないときれい!

 

f:id:matoiridrops:20170518225157p:plain

それにロケット団がいない分、他のキャラにフォーカス当たる時間が多くなって、イッシュキャラがみんなメイン回をもらえて楽しかったです。

ベルやケニヤン、カベルネにラングレーと、それぞれサトシ達をライバル視していてキャラも濃いし絡みも面白いし、ロケット団いないから自然と起きるハプニングで話を作れるし、シンジのときと同じで4人それぞれの関係性が深く描けてたんだよね。

f:id:matoiridrops:20170518225232p:plain  f:id:matoiridrops:20170518230751p:plain

特にドンナマイトやドンバトルのようなサブキャラ全員集合のパーティー回が定期的にあったから、サトシ達との絡み以外にもカベルネとラングレーや、ベルとゾロアゾロアとラングレーとか多いキャラ数みんながワイワイしてて面白かったなぁ。

え?シュー太郎?知らない子ですね

 

 

f:id:matoiridrops:20170518225413p:plain

それにポケモン同士の絡みも濃厚で楽しかったなぁ。今までってサトシラブなポケモンや、コジロウラブのポケモンワニノコヘイガニなどの騒がしいポケモンポッチャマの芸人化とそれぞれでキャラ立ってたことは多かったけど、BWはそれが特に濃い!!

特にエモンガたそとツタージャ姐さんの女同士の激しい戦いがホント面白かったなぁ…。雄共を魅了させるサークルクラッシャーエモンガと、みんなの姉御としてリーダーしてるツタ姐の争いが大好き!

f:id:matoiridrops:20170518230047p:plain  f:id:matoiridrops:20170518230105p:plain

エモンガロケット団に加入する回とかもう終始笑ってた!ニャースが翻訳を拒むくらいに互いに怒ってて。

特にツタ姐ってクールに見えるけど仁義に熱いんだよね。ポカブを捨てたトレーナーに激昂したり、サトシをバカにしたトレーナーを打ち負かしたりと。今回もいきなりエモンガが脱退するからもう人一倍…じゃなくてポケ一倍怒ってて、これが姐さんなんだよなぁ。

 

ツタ姐可愛い!なスクショだらけになっちゃったよ

f:id:matoiridrops:20170518230634p:plain

f:id:matoiridrops:20170518230711p:plain

 

ミジュマルも最初は劣化ポッチャマだったのが下心キャラになってちゃんと芸人化したり、ズルッグキバゴがほほえまだったり、ピカチュウがいつにも増して幼児化してたりともう可愛い。

f:id:matoiridrops:20170518231354p:plain

 

やっぱりBWって萌えアニメだったんですよね。ロケット団出ないから毎回ピンチや激しいバトルがあるわけじゃないし、その時間をキャラやポケモンが可愛いに向けてるわけだから、DPのときのバトル×成長=少年マンガでなく、可愛い×可愛い=芳文社きららキャラット💛だったね。

 

 

まあ確かにアイリスやデントは目指しているものが抽象的すぎて成長があまり見えないから、キャラが起ちすぎてるデントはともかくアイリスはなんだか終始中途半端だったなぁとは思うけどね。

それにライバルキャラはN編デコロラ編と出てこなかったわけだし。どうせなら出番が最後の時に何かしら残してほしかったよ。ケニヤンやベルはともかくとして、ラングレーとカベルネは特に…。カベルネはまだデントに勝ってないし、ラングレーもカイリュに勝ってないわけだし。何かしら解決編が欲しかったなぁ。

f:id:matoiridrops:20170518233019p:plain

まあデコロラ編EDで出てたのは救い…。本編には出なかったけど、みんなデコロラに行ったことを聞いて驚くベルと、それをみんなに知らせるシーン本当に嬉しい。

カベルネは猛勉強中だし、ケニアンもラングレーも特訓してて、みんな頑張ってるんだなぁ。

f:id:matoiridrops:20170518233359p:plain

あ!1話から登場してたにも関わらずベルから電話を貰えず、終盤に唐突に出て来たサトシ殺すマンと一緒に纏められるシューティーさんチーッス

 

 

N編とか、アイリスたちとの別れが唐突すぎたこととかまだまだ語りたいこと多いんだけど、ずるずると永遠にしゃべっちゃうからここで終わり!

さあ次はXY編!「やじるしになって!2013」という曲名の時点で超最近じゃん…って気持ちになってたけど、ついに追いついてしまう…。ちなみに髪切ったセレナが可愛すぎたせいでXYのそこから今まで全部見ています。XYZまで全話見るつもりではいるけど、終わりが近いぞ…。

5/17 心臓を捧げよ!

 ということで買っちゃいました『進撃の軌跡』

サンホラリンホラについては本当に何も知りません。「りんほら?さんほらの何か?というかサンホラって何?」と言う感じで。サングラスの人以外の知識がありません。光る箪笥の動画見て大爆笑したくらいのレベル。

 

進撃の軌跡(CD+Blu-ray)

進撃の軌跡(CD+Blu-ray)

 

 元々は買う予定無かったんだよねー。

というか買うにしてもオール電子化にしたかったから買うにしてもデータで買おうかなくらいで。でもパッケージの作りがすごいとか、歌詞カードがすごいとか、Revoさんが壁からこんにちはしてなかったら抜けないとか言われたら、ね、実物欲しくなっちゃうでしょ。

アニメイトのポイント余りまくってるしということで全額ポイントで買いました。アニメイト氏ポイントがとっても貯まりやすいから好き!もう電子にしたから一生メイトでコミック買わないんだけどさ。

 

 

いやぁ、結論から言うと買ってよかったです…。なにこの作り込み。すごいね。全面に進撃に対するアプローチ(?)が物凄い!!「今までのOPも収録したアルバムだよ♪」くらいの理解でいたからオール進撃ソングでびびるわぁ。

話題になっていた抜けないアレ、序盤からネタバレが過ぎるでしょ…。原作は読んでるので平気ですが、アニメだけ見てCD買おうってなった人大丈夫?

まあ私も理解するのに数秒かかってたから、実際この程度「?」ってなる程度で収まるんだろうけど。この知ってる人だけを「おおっ!」てさせるバランスやりますねぇ…。

ちなみに私は海がこんにちはしてましたがきちんと抜けました。

歌詞カードについては読みにくいったらありゃしないけど、それぞれの意味がきちんとあってものすごいこだわりだなぁと(コナミ)。ここら辺は私には手に負えないので助けてね詳しい人!!

 

 

私みたいな進撃ちょっと触れてるだけのサンホラミリしら野郎が各曲に対して感想書いてもいいのかわからないけど(殺されそうだけど)軽く書きます。自分の感想と考察班の色々よんでほへーってなったのを半々くらいに。

 

■二ヶ月後の君へ

これ壁の外を見た本誌エレンへの詩ですよね…。1番最初から何してくれてるの!!

そして偉い方が言ってたけどこれ(2月本誌で外を見たエレンを読んだ)Revoからアニメエレンへのエールなんですね…。なるほど、そこまでの意味があるのか…。

歌詞の中に「本当の敵」とか「広がる地平未知の世界」のことにも触れてて、すごく原作に切り込んできてるなぁと。ここら辺知らないと何かの喩えみたいに感じるだろうけど、めっちゃダイレクトで笑うって。一番好きな歌詞です。

 

紅蓮の弓矢

そして紅蓮の弓矢。Revoさんのインタビューで言われてハッとしたけど、これって時系列になってるんだね。最初にエレンへ言葉を投げてから、紅蓮の弓矢でスタートするってすごくオシャレ~。言われないと気づかない鈍感まといり奴~~~。

ちなみに紅蓮の弓矢のフルをちゃんと聞いたのこれが初なんですよね。カラオケで誰かが歌ってたりテレビで見るくらいはあるんですけど。

どうやらミックスしてるみたいで最初のアルミンも新規だとか。あそこめっちゃ滾るよね。ホント「ここから進撃は始まった!」みたいな感じが強くなって締まりがでました。そして『放たれた弓矢よ海まで飛んでいけ』めっちゃ好きアルミンが強く語ってるの最高すぎです。

改めて聞くと「あんたどこまで知ってたの!?」と言いたくもなりますよね…。虚偽の繁栄って言葉の強さよ。

 

■14文字の伝言

これもうめっちゃ好き…。というか切ない…。どうやら界隈では「伝言=母親」みたいなのがあったらしいですね。親が願う子の幸せ、親の愛の言葉がもうとても表現が上手くて、曲で泣くって感覚初めて知ったかもしれないよ。

そして歌詞にメッセージ性が強い歌って曲が蔑ろになりやすいというか、所詮は内容だけみたいな曲が多いと思っているんですが、もうオフボーカルで聞いても満足できるくらいに曲も良くできてて表現できてて、すごいです。このボキャ貧さっきから好きとすごいしか言ってないな!?

 

■紅蓮の座標

なにこの歌詞カード!意味わからん!どうやって文字追っていいのと四苦八苦よ。

始祖の力を持ったエレンが「座標」と言われてるわけだしそういう歌なんだろうなぁと思っていたら、どうやら左側が壁内の人類で右側がマーレを表しているらしいですね…。それぞれから見た世界、それぞれの価値観だとか言われても私の陳腐な脳じゃ完全には理解できてないので読み返さなきゃ…。

これ曲の理解を知ってから読む原作また違う世界見えてくるよね!?最高かよ。

 

■最後の戦果

まさかイルゼの手帳を持ってくるかー。と。この回はかなり特別だもんね。ユミルの民に関して切り込んでいて。本誌最新話でユミルに関してまた話は出てたけど関係ないので省略。

この曲のボーカルがものすごくマッチしてるよね。調査兵団として最後まで生きようと足掻こうとする意思を感じられて。

そしてラストの兵長。どうやらこの曲4人並んでる絵でエレンだけが声収録されてないっぽいですね!笑うって

f:id:matoiridrops:20170517202523p:plain

 

■神の御業

唐突に違う曲調のが入ってきてビックリ。ウォール教ですねぇ。歌詞カードからして宗教感というか、なんだこれ感が伝わって来るけど、ウォール教も進撃において重要だからね。

ところで偉い人に言われてビックリしたけど、曲の長さが2:19と「ニック」になってるんですね。芸が細かい!!

 

自由の翼

これもフルで聞いたの初めてだなぁ。調査兵団やったるで!みたいな曲(雑)なんだけど、この後に双翼のヒカリが入ってるのがなぁ…辛さというか、調査兵団も数々の屍の上で成り立ってるわけだからそういうことを強調してるようで。

 

■双翼のヒカリ

これは調査兵団を表現してるのか、リヴァイ班なのかわからなかったけど、曲順が時系列なら多分リヴァイ班ですよね。女性ヴォーカルってことはペトラ(可愛い)ちゃん?

上でも書いたけど、調査兵団は数々の屍の上で成り立ち、託しながら進んでいるってことが強く表現されててやっぱりキツイなぁ。

そして歌詞カードの木々と、血痕は、つまりそういうことなんですね…。

 

■自由の代償

初限なのでBD付きです。マンガでもCDでも円盤つくときって画質がクソのDVDだから、新規映像なのに画質が悪いとかいう双方に損しかない現状なのに、きちんとBDで出してくれるなんて太っ腹だよ!劇場版はモチロン見てなかったので映像も歌もたまりませんなぁ。

一番オフボーカルのメロディが好きです。「自由の~(ナントカ語)」「自由の~(なんとか)」のとこのギター伴奏からの流れものすごく滾りますね…。

 

■彼女は冷たい棺の中で

これはもう曲聴いた時点でもしやと思ったけど、歌詞カード見たらもう、ダイレクトですよね。アニ大好きなのでこれは嬉しいです…。

それにしてもアニ目線ってマンガだと全然無いし、こうやって葛藤というか内に隠してた想いを聴くと苦しくなるよね…。巨人の正体も知っていたわけだし、エレンの真っすぐさに触れて自分の行為が正しいのか壁内を見て考えさせられてるわけだし、そういうとこここで切り取ってくるのかー!

それにしても父の話題がよく出てくるけどアニの父ってそんな関わりあったっけ?と思いググって知識を得てきました。どうやらアニの父は壁内のスパイとして乗り込んでおきながら、結局はグリシャ側についたとかなんだとか。いやぁマンガ読み返さなきゃな!

そいえばな話なんだけど、ライナーとベルトルト(とユミルに食われた人)っていつから壁内にいたの?壁壊して侵略するときに初めて来て「壁内の~出身だよ(忘れた)」って偽ったのか、壊す前に元々壁内に潜りこんでいたのか、ちょっと理解できてなかったり。

 

■心臓を捧げよ!

これに関してはもうフルが完成形になってるなぁと…。最初2期OP聞いた時はなんだか盛り上がらないというかサビどこ?みたいに感じてたんですけど、フルで聞くと度肝抜かれる!

OP外のところから更に王政編、更にはジーク、外の世界まで話が膨らんでいて、まさにフルで聞くと「2期OPの進撃の巨人」から「今の進撃の巨人」になっている仕様。

そして主題歌の中ではメロディーがアニソンとしての原型(?)を一番保ってるのがこの曲だよね。歌詞はもうアニソン通り越してるのに。

 

■青春は花火のように

巨人中学校は見てないんですよね。スピンオフ作品が苦手なもので。

いきなり空耳から始まったり中二について話したりなんだかやりたい放題な感じが強いような。歌詞に関しては巨人中学校聞いてたらわかることとかも多いのかな?私はよくわかんないんですけどね!花火が何か表してたりするんですかね教えて偉い人!

 

 

ということで、本当は何曲かについて書くはずが、文字数は違えど全部について書いてしまった…。ホント、サンホラもリンホラも知らない私でさえ作りのヤバさにここまで魂惹かれちゃったわけだから、往年のファンはどうなってるんだろうね?生きてるの?ツイッター見てる限りだと漏れなく死んでるけど。

進撃好きならサンホラ知らなくても買えと言う理由が身をもってわかりました…。本当にそうですわ!買いなさい!ここまで読んでる人は絶対CD聞いてる人だから言っても無駄だろうけど、だらだら読んだCD買ってないそこのキミ!買え!!

 こんなドラッグを私に買わせた戦犯ひのむさんを呪わずにはいられない!

 

 

5/16 マンガの買いっぱなしの話

最近はマンガを買っても読まないで放置しちゃう現象が起きちゃってる。

f:id:matoiridrops:20170516212234p:plain

現在はKADOKAWA作品がポイント50倍ということでとりあえず大量に購入。どうせいつか買うんだからポイント還元のうちに買わなきゃねという思いなんだけど、GWの講談社50倍とその後の白泉社50倍とで、もう5月honto氏に何万円課金したの…?

 

まあKADOKAWA作品は買うものは少ないんだけどね。嫌いだから。今まで買ったはいいものの全然ヒットしないからKADOKAWAは。

あんまりマンガに対してはオタク系の作品が好きになれないんだよね…。まあこれは出版社の方針だし言葉にするのは難しいんだけど、あまり当たらない。まあオタク系云々で言ったらマンガ大好きって時点でオタクだろとかってツッコミ来そうだけど、そういう話ではない

 

ということで、買ったのは「ひまわりさん」「新米姉妹のふたりごはん」「やがて君になる」の3つ。おやぁ全部百合作品だぞぉ!

ひまわりさん、面白いんだけどやっぱりこういう作品はテンポがゆっくりだから読むのも遅くなっちゃうよね。まだ1巻読み終えたばかりです。そいえばひまわりさんは紙書籍買ったのが結構最近だったから見返す間もなく売ったなぁ…。新品同然だったよ。

新米姉妹は百合というよりも料理メイン。最初はいきなりぶっ飛んだ料理始めて「うーん」て感じだったけど、最近は料理も家庭的(?)だし料理が2人の仲を繋いでる感じがたまらないのでイイデスネ。

やがて君になるは言わずもがな。4巻が6月末に出るからそれまでに読もう…(志が低い)

 

ポイント還元が激しすぎるせいで随分と買いこんじゃったし、ポイントも5桁溜まっててビックリだよ!何買おうかなー。期間限定セールと期間限定クーポンの合わせ技で3割くらい値下がったとこをポイントで払うのが良き使い方なのだよ。ばらかもんってガンガンだからKADOKAWAじゃないっけ?あれ?エニックスって吸収されたっけ?これでばらかもんもポイント50倍だったら安易に買いそう!!

 

 

そいえばあんスタくんが深き眠り(メンテ)についたまま目覚めませんね…。一応ましろたん取るために走ってるんですけど。それにしても半年ほどサボってたから、エアライン桃李ちゃんは才能開花させてないわ、カフェしののんに至ってはレベル上げすら終わってないわで酷い酷い。大ジュエル回収とか今更できないよー。

このまま10日間ほど眠ってくれればみんなましろたん配布されるのになー。ハピエレ(悪い方に)頑張って♪

5/14 最近の廃人生活の話

5月、なんだかんだで隔日更新になりつつあるよね…。

昨日もきちんと更新しようと思ってはいたんだけど、イナズマウォーカー見たら疲れてそのまま寝ちゃって…。

それにしてもアフロディ美しすぎた…。頭身高くなった姿みんなすごく良いよね。ショタ感よりも美少年感が強まって、「ショタコン名乗ってるけど実際美少年が好きなだけなんでしょ?」疑惑のある私としてはこの美少年最高。

 

しかもちゃんと寝ようと11時前に寝たら3時半に起きるし、寝起き最悪で3度寝くらいする羽目になるし、3回見た夢全部悪夢だし、CCさくらの再放送見逃すしで朝から最悪だったよ…。

早起きの習慣がついてたからプリキュアまでには起きられたのは助かったけどね。プリキュア録画してないもんデュエマ録画してるから。デュエマはyoutubeのコロコロチャンネルで配信されるのに、それでも録画して見ようとしちゃう精神。

 

 

まあいきなり愚痴ったけど、この土日はずーっとかすかべシティやってました。やっぱり農作業ゲーは最高!

ダイヤモンドレコーズのイベントはもうさすがにキツすぎて諦めました。あんだけ走っても全然得られるものが無いなんて地獄すぎる。

 

f:id:matoiridrops:20170514220655p:plain

土日で何ランク上げたんだろう。おかげで街並みもかなりキレイになったよね。

田舎って川を挟むだけで景色が全然違ってくるから、それを表現したくて今作ってます。周りが畑だらけの中にあるホームセンターって図が良いですね。それにカフェを置けるようになったおかげで、この畑がカフェ所有のように見せることもできるよ!

郊外にぽつんとたたずむ自家製野菜のカレーが美味しいカフェというものを意識して見ました。近くに公園があるので、子供は外で遊んでその間にママはカフェで休むみたいなこともできそう。そういうところまで意識して街づくりしないと満足いかないんですよ。

 

IMG_0070.PNG を表示しています

でも下の方はまだ全然開発されてない…。というか、真ん中にある家電量販店が本当に曲者!位置を変えることができないオブジェクトだから周りをどうしようか考えるので四苦八苦…。

というかこのゲーム、オブジェクトの大きさが明らかに変なんだよね。マンションと一軒家が同じ大きさだったり。

 

f:id:matoiridrops:20170514221451p:plain

例えば家電量販店の隣に家を置くと明らかにバランスが悪くなっちゃう。だからこの家電量販店の近くになにおいていいかがわからなくなるんだよねー。上の画像みたらわかるけど、高層ビルを置いて違和感を無くそうと努力中。

 

IMG_0072.PNG を表示しています

ちなみに家は住宅街に置いてます。隣のベーカリーと比べると大きい感じだけど、周りを巨大な家で固めることで違和感を無くす!そして遠くから見たら家電量販店とも調和がとれてるんだよね。

ところで住宅街特有の入り組んだ道が好きなので、ベーカリーと家で道を曲げてるところめちゃくちゃ大好きです。絶対に伝わらないと思うけど。

 

 

そしてかすかべシティをしてる間はずっとアニポケBWを見てました。多分この土日で40話近く見てない…?

ベストウイッシュ、すごく見やすくて面白いです。一番面白いのはDPだってことは変わらないんだけど、今までと面白さのベクトルが違うから結構新鮮な気持ちで見れるんだよね。

 

DPは最初こそサトシリセットがあったにしろ、シンジとともに切磋琢磨していき成長していく姿は熱いしまさにthe王道って感じの少年誌だった楽しさがあったけど、それに対しBWは芳文社!個性的なキャラとポケモンがとっても賑やかで、闘いもDPほどガチじゃないし、ロケット団も日常的に出ないからまさに萌えアニメって感じの楽しみ方。

 

f:id:matoiridrops:20170514223723p:plain

ラングレーちゃんがめっちゃレズで有り難い…。もう完全にアイリスに向ける目線は恋心だよね。ツンデレですなー。

ベルにケニヤンにカベルネにラングレーとみんな騒がしいし、エモンガにツタ姐にミジュマラとポケモン同士の絡みも多くて関係性が楽しいし、今までの旅メインでロケット団と毎話戦うって方針が消えたから出来ることも増えたって感じ。

 

f:id:matoiridrops:20170514223623p:plain

さらにシーズン2でヒカリががっつり出てくれて嬉しい!DPのアニメで本当に好きになったから別れが辛かったし、ここで出会えて本当に心躍ったよ。OPにも出て来たし!

ヒカリはゲストキャラだしもう帰っちゃったけど、このまま残ってもよかったのよ?ほら、アイリスってヒロインぽくないし(失礼)。アイリスは基本的にツッコみ役なんだよね。デントが騒がしいから前で言うタケシのようなバランサーの位置になっちゃうし、女らしさも実際無いしで。

やっぱりヒカリのヒロイン像が完璧すぎるんだもん。恋愛は絡まないけど再開したときのハイタッチがものすごくDPを表現しててそれだけで泣いちゃった。

 

5/12 消えた春日部市とヒーローの話

 クレヨンしんちゃんの街づくりゲーム(名前忘れた)を始めました。

これは前にCMで見てビビッと来ちゃったんだよね。農作業ゲー大好きなんですよ。時間経過で調理して、売って、金稼いで、発展させて、っていう単純作業がもうたまらない!銀の匙の酪農ゲームも、クックハントというジビエのゲームも、どっぷりハマった過去があるからね。

 

ゲームとしては、農作業で材料を増やし、加工して必要数をお届けして報酬をもらってとよくあるゲームだけど、コレに街づくりもついてくる!消えた春日部市を稼いだお金で発展させていくという作業がもうたまらないね。デレステのルーム製作大好きだったから、農作業と開発と楽しい。

でもこの農作業、加工が一つ一つなんだよね。銀の匙とかハントクックだと調理できるコンロを増やすことで作業効率を格段に上げれるからこそ後半のインフレにも対応できたのに、コンロの個数が増やせないとなるとキツイキツイ。加工スピード数パーセント上げるだけじゃ何も変わらないよ。後々つらそう。

 

そして街!特に街に関してはオブジェクト一つ一つにどうしてそうなったかの意味を持たせて街を作りたいんだよね。駅が近いとマンションやスーパーなど設備も充実してたり、住宅街では精肉店や鮮魚店があり、郊外は畑、川辺では…と尽きない妄想。

f:id:matoiridrops:20170512222422p:plain

でもスーパーなどの加工場は場所移動出来ないんだよね。駅前にスーパーがあるってことがかなりキツイ…。SEIYUならともかく普通こういうスーパーは住宅街に置きたいから。

 

やっぱり街がある以上それぞれがどういう役割を持ってそこに建てられたか、その結果周りがどう発展していったかは街の歴史を考えるうえで重要だもん。理想像として運営が作る最強の街が公開されてるんだけど、たしかにそれは見た目は美しいんだけどオブジェクトに対して役割が薄くて正直好きにはなれなかったなー。

IMG_0065.PNG を表示しています

野原家の近くにビル街があったり、パレスの後ろに真ん中に畑があったり、綺麗に作れてるだけでコンセプトが感じられない…。

見てろよ見てろよー私が住み心地よさそうないい田舎を作ってやるからなー!!こんな小綺麗なだけでなにもない街なんかクソくらえだぞー。

 

ちなみに戦闘パートもあるんだけど、まあ、あれはテキトーにやっていくよ。めんどくさいなぁ。

 

 

f:id:matoiridrops:20170512223816p:plain

そして触発されて映画みました。3分のやつ。

でもこれものすごくつまらなかったなぁ。すこぶる内容が無い!!ただ単純に救ってくれと言われて救うだけ。やりたいことが多すぎたのか、その結果どれもこれも中途半端で内容が無くなってた…。

 

突如として世界を救ってくれと怪しさ満点で来たのだから、善意と思って行っていた怪獣対峙は実は悪に加担してたとかあっても。世界を救うことに快感を覚えて家事掃除子育てと放棄したひろしみさえもテーマとしては面白かったのに、中途半端にしかやらなかったからただしんちゃんが頑張って終わり。

バトルを前半のみで終わらせて、この2つのどちらかを後半においてメインテーマとした方が見ごたえあったのになぁ。戦闘も単調だし、見てて「酷い」以外の感想が無かったよ。

 

 

 

5/11 愛の話とプロの世界

 アニメと映画効果で買った3月のライオン、すごい面白かったなぁ…。

読んで知ったけど、映画後編は原作と全然違ったんだね。でも自然と映画は受け入れられてる…。それは面白いからなのか、映画が先だからなのかはわからないけど、キャラクターを壊すこともなかったからなのかな。

 

でも映画で崩してくれて私的には嬉しかったよ。映画の時ひなちゃんのイジメ問題がかなりさっぱり終わってて「あ、尺の都合だ…。」と察してしまったもん。

やっぱり内容をなぞってるだけだったからね。「それならいじめの件はもう丸々削れば?」とも思ったけど、これは何もできなかったと思いつつも隣りにいるだけで支えてた零くんと、父親との件で役に立とうと首ツッコんで空回りする零くんの比較がテーマになってたから仕方ない。

 映画の初見の感想記事でも同じこと言ってます。でもその比較が上手くいってたからねー。マンガの筋を崩してでも描く価値あったと思う。

そいえば映画のイジメのとき黒板に「ビッチ」とか「男好き」とか書かれてて何故だろうと思ってたんだけど、そういえば高橋くんが映画不参加なんだよねー。イジメっ子て何が傷つくかわかった上で叩くわけだから的外れなこと書くわけないし…という疑問に答えが出てくれてスッキリ

 

映画とマンガじゃ父親の件に関しては全然違うんだけど、映画は「高校2年生の桐山零くん」なんだよね。

マンガの零くんは色々なものに刺激され、学び、ひなちゃんを救うために空回りもしながら成長した結果、父親の件でも良い首の突っ込み方も学んで、みんなに助けられて、父親を撃退できたわけだったんだけど、映画ではその成長が無かった。

だから首の突っ込み方もわからないで、空回りして、結局何もできなかったんだよね。でも映画のための演出としての改変だとしてもキチンとキャラが生きてた。それこそ「高校2年生の桐山零くん」を作れてたから問題なく見れたのかなぁ。でもひなちゃんからもらった人形を一度捨てたのは許さんぞォ!!

 

そして後藤の件に関しても、答えは映画でしか出してなかったのか…。

というかマンガだと最近後藤がめっきり出てこないよ!寝たきりの奥さんがいて、香子との関係も答えが綺麗にでないまま終わらせてる感じがあって映画見てなかったらちょっともやもやかも。

 

って映画の話しかしてないや。それぞれの棋士がきちんと自分を持っていて、勝つために千日手にまで持ち込んだ山崎さんも、貧乏ゆすりのハッチーも、死神滑川さんも、悪役みたいに扱われつつも人間であり一流の棋士なんだよなぁ。

零くんやスミスたちから見たら敵(?)なんだけど、どういうこと考えているのかとかきちんと正当性を持たせてくれて、ただの悪役として終わらせるわけでなく愛されるキャラとして描けてるの嬉しいよ。

というか映画の山崎さんめっちゃくちゃヒールだったもん!!アニメしか見てなかったわけだけど、アレだけは3月のライオンらしくはないと思っちゃったわけだし。ってまた映画の話だ。

 

 

 一生懸命な二階堂くんが可愛いし、防衛する柳原さんかっこよすぎるし、最初はモブかとおもった土橋さんが謙虚で直向きで応援したくなるし、ひなちゃんのイジメ関係での家族愛などなど人間について描くのが3月のライオンのメインテーマだから、ここが崩れないで12巻まで描けてて、もう満足!

 

もちろん内容自体はのほほんとしてることも多いけど、プロの世界の厳しさも描いてるからね…。プロになるのも一握りだし、やっとの思いでプロになってもプロの中じゃ底辺と、厳しい世界だ。

将棋の話ではないんだけど、私も高校の友達にずーーっと囲碁ばっかしてる人がました。授業中だろうと詰碁、1日16時間は囲碁、福岡佐賀の大会にも参加して優勝もして、新聞にも載ってて、もうとにかく凄い。みんなから「囲碁っち」と呼ばれてました。

でもプロにはなれなかった…。というか本人が「この程度でプロになれるわけがない」と言うほど。

・・・いやいやちょっと待って!?あれだけの量の積み上げをしてもダメってもう何すればいいの…。確かに見てたのは高校3年間だけだけど、それでも囲碁に対する気持ちの私じゃ受け止めきれないほどの熱意を感じていたわけだし、これ以上の化け物しか上にはいないと考えると怖すぎるよ…。

 

零くんはもちろんこの「プロ」。なんだかあかりさんちでご飯食べて将棋会館ではスミスや会長と漫才やってる姿が多いけど、将棋に対する集中力や積み上げは囲碁っちとは比べ物にならない程上なんだよね。もちろん二階堂もスミスもそうだし。コラムの先崎さんもそう

怖い…。怖すぎる…。プロの世界怖い。13巻まだですか…(眠いから唐突に終わらせる)